ブログトップ

アントラージュ

emqjin.exblog.jp

高齢姉妹の5000万円超流用=介護施設職員、住宅購入−兵庫(時事通信)

 兵庫県明石市にある私立病院の介護支援事業所の男性職員(61)が、市の要介護認定を受けた92歳と86歳の姉妹の複数口座から5000万円以上の現金を引き出し、土地や住宅の購入費に充てていたことが5日、分かった。男性は昨年12月に懲戒解雇されており、介護事業を委託していた市と県は事業所への処分などを検討する。
 同市などによると、男性は2002年ごろから、姉妹のケースワーカーを担当。昨年11月5日、姉妹から民生委員を通じて、「姉が入院した際に預けた通帳を返してもらえない。担当者を代えてほしい」と連絡があった。市が調査したところ、男性が業務外の金銭管理をしていたことが分かった。 

【関連ニュース】
「介護就職デイ」を開催=人手不足解消へ面接会
郵便局拠点に介護サービス=郵政新事業で提言
ワタミ、09年9月中間期は増収減益=外食低迷も介護は堅調
折口氏が破産、負債312億円=旧グッドウィル創業者
ジー・コミュニケーション、高齢者介護事業に進出

sentinel
まさしのブログ
競馬情報
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
[PR]
by wkgc7rglve | 2010-01-08 16:39
<< <北ア・奥穂高岳>神戸の男女3... 首相動静(1月7日)(時事通信) >>