ブログトップ

アントラージュ

emqjin.exblog.jp

JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本前社長、山崎正夫被告(66)の第2回公判前整理手続きが22日、神戸地裁(岡田信裁判長)で非公開で行われた。関係者によると、起訴状の認否までは進まなかったとみられる。

 今年3月に第1回公判前整理が行われ、地検は証明予定事実を提出。これまでに弁護側と検察の間で、起訴状についての説明を求める「求釈明」や、回答が数回されている。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
JR福知山線・神戸線で信号故障、20万人超す影響
地検の前社長起訴を鉄道事業者はどう考えたか JR福知山線脱線事故
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<みどりの式典>天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
雑記帳 調査捕鯨のミンククジラ500キロの初競り 仙台(毎日新聞)
地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求−普天間移設(時事通信)
世田谷アートフリマ 100組参加(産経新聞)
日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)
[PR]
by wkgc7rglve | 2010-04-27 19:44
<< パリエット、1日2回投与の用法... 郵便局から200万円強奪 警察... >>