ブログトップ

アントラージュ

emqjin.exblog.jp

「安全管理体制立て直しを」=JR西に根本的対処求める−山陽線事故・運輸安全委(時事通信)

 兵庫県明石市のJR山陽線明石−西明石間で昨年2月、線路で保守作業員の男性が下り快速電車にはねられ死亡した事故で、運輸安全委員会は26日、社内規定に違反し、開始条件が整わないまま作業が始められたことが原因とする調査報告書を公表した。
 JR西は、現場の社員に規定を周知させておらず、安全委は「作業全般にわたり多くの問題点があった」と指摘。同社について「安全管理体制を根本的に立て直すことが必要」とする「所見」を報告書に盛り込んだ。 

【関連ニュース】
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に
双方の見張り不十分が原因=境港沖の衝突沈没事故
タービン静翼の酸化腐食が原因=エアインディア機のエンジン部品落下
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触

<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)
アフリカノロバ
<岡田外相>ボスワース米特別代表と会談(毎日新聞)
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」(時事通信)
官房長官、調査捕鯨「提訴されるような問題ではない」(産経新聞)
[PR]
by wkgc7rglve | 2010-03-02 21:14
<< 遺族と検察官、検審で意見陳述 ... イノシシ大迷惑 滑走路に侵入し... >>